開発目的

<NEDOとの共同開発>

実証実験を行う田んぼを提供して頂いた 農家の井手野様ご夫妻です。 

篤農家で、実証期間中もこまめに稲の手入れをしていただくなど、熱心に御協力 いただきました。

小さな雑草は足で田んぼの中に踏み込んでいます。  

雑草はアワやヒエです。

稲より背が高くなります。

抜かないと来年は倍になるそうです。 田んぼの中に入って、一本一本抜かれ ています。  

<実証事業>

今回の「米と発電の二毛作」は、NEDOの太陽光発電多用途化実証プロジェクト /太陽光多用途化実証事業です。

期間は、平成27年8月から平成29年2月までです。

実証事業における目標は、次の通りです。 

(1)水田の上空で発電できる架台を作り、耐風・耐久性の検証を行う。

(2)米作り作業に支障が無いことを検証する。

(3)上空のパネルでお米に影響がないことを検証する。

(4)量産時の発電コスト目標 27円/kWh 以下を達成する目処を得る。 

実証は、佐賀県佐賀市三瀬村で

行われました。

佐賀市では一番標高が高い、

25世帯の小さな集落です。

3か所のの田んぼを使って

比較・検証を行いました。

ホタルが飛び交う川に面しています。 

面積は、約1,400m²

パネルの数は58枚

発電容量は、約14.5kWです。

田んぼ1では20m×8m=160m² の

大きな空間になっています。

尚、オレンジの四角が農地の

一時転用 を行った架台部分です。